2005年10月02日

-less[レス]

2fgg.jpg

原題 : DEAD END
監督 : ジャン=バティスト・アンドレア
ファブリス・カネパ
製作 : ジェイムズ・ユット
脚本 : ジャン=バティスト・アンドレア ,
ファブリス・カネパ
音楽 : グレグ・デ・ベレス
出演 : レイ・ワイズ , アレクサンドラ・ホールデン
リン・シェイ , ミック・ケイン
収録時間 : 85分
発売元 : クロックワークス
音声仕様 : 英:ドルビーデジタル5.1ch
日:ドルビーデジタル5.1ch


見ようと思う理由は
「ソウ」を見たからだ
同じようなメッセージ性を感じ見てみた

最初からの20分で画面が暗くて見づらく
飽きてしまった
ホラーでも無い、家族愛でも無く
「一体なんだ?」
状態で突き進むハテナの映画だ
やっと見終わり
ふーん、そういうことか・・・
で!何?
映画のメッセージは難だ?
いや、何だろうか
得体の無い恐怖が好きな人向きかも

大体、親に対する口の聞き方
夫婦の会話の在り方
そして家族間の関係が無茶苦茶であって
不愉快な人間関係なんだが
いまの世の中の家族を象徴しているのだろう
何ともいえない・・・

私的映論
見ると不愉快!見ないと気になる人間関係!! 台風
アクセス解析
posted by honneryu2005 at 00:48| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CINEMA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
baner_200.gif
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。